So-net無料ブログ作成

舎人公園野草園の春の野草2 [舎人公園での植物観察]

春の野草について前回に引き続き主なものを紹介させて頂きます。

いかりそう2 (2).jpg

イカリソウ:花を錨に例えた。

ウラシマソウ 2 (2).jpg

ウラシマソウ:開花した状態です。結実すればいいですが。

カラクサケマン.jpg

カラクサケマン:ムラサキケマンに似た花。薬草にも。

ケキツネノボタンr (2).jpg

ケキツネノボタン:キツネノボタンにそっくりだが、果実(金平糖)の先が殆ど曲がらない。毛が多い。

こごみr (2).jpg

コゴミ:発芽前の状態。

こごみ.jpg

コゴミ:葉が伸びた状態。食用山野草。

コバンソウ (2).jpg

コバンソウ:小判草、果実が小判状。

ジロボウエンゴサク (2).jpg

ジロボウエンゴサク:地下に塊茎がある多年草。花に距がある。エンゴサク、キケマンも仲間。

スズメノテッポウr (3).jpg

スズメノテッポウ:水田に生え、麦などに害を与える。昔麦錆病の中間寄主と教わった。

スズラン2r (2).jpg

スズラン:最近ドイツスズランが多く見られます。

スズランドイツ (2).jpg

ドイツスズラン:スズランとドイツスズランの見分け方は本ブログ「スズランとドイツスズランの簡単な見分け方」2018年4月23日投稿をご参照下さい。

タネツケバナ.jpg

タネツケバナ:すっかり減少し、ミチタネツケバナが蔓延っています。

タネツケバナ道.jpg

ミチタネツケバナ:路上で何所でも見られ、乾燥に強いです。両者の見分けかたは、当ブログ「タネツケバナとミチタネツケバナの見分け方」2013年4月20日投稿をご参照下さい。

トモエソウ.jpg

トモエソウ:花が巴、卍模様。

ヤブレガサ (2).JPG

ヤブレガサ:新芽が出て破れ傘状の生育期。

ヤブレガサ2r.jpg

ヤブレガサ:生育が進み、今年は生育旺盛で頭花が出来ました。結実するでしょう。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

コンニャクの花が舎人公園野草園で開花 [舎人公園ボランティア]

今年も見事にコンニャクの花が舎人公園野草園に開花しました。見に来てください。あまり長く開花していません。

コンニャクはサトイモ科で、現在野草園に開花、生育しているウラシマソウやマムシグサ(アオマムシグサ)と同じ仲間で類似の花を咲かせます。ミズバショウも同じ仲間です。

コンニャクは春、種芋を植えると秋に生子ができ、これを収穫して次の春に植え付けたものを一年生、これを秋に収穫したものが二年生、さらに次の春に植えて秋収穫したものを三年生と呼ばれます。三年生では直径30cmに達し出荷に適しています。4年以上の芋では開花するので開花前に出荷されます。

本ブログでの舎人公園野草園のコンニャクの記事は過去数回あり、2012年5月11日及び2018年5月2日投稿の舎人公園でのコンニャクの花の記事をご参照下さい。

コンニャク.jpg

コンニャクがタケノコのように4月生えてきました。

あ蒟蒻.jpg

コンニャクが開花しました。4月下旬。悪臭を放出しているのでキンバエやギンバエ等が集まってきます。丈は1m位です。

い蒟蒻.jpg

コンニャクの花のつくり。

ウ蒟蒻.jpg

コンニャクの雄花と雌花。雌花は雄花の下に位置し、雌性先熟のため自家受粉はしません。したがって舎人公園のコンニャクに果実は見たことがありません。果実は赤い粒粒です。

写真の一部は過去のものを使用しました。





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog