So-net無料ブログ作成

舎人公園の皇帝ダリア [植物観察]

 舎人公園野草園で皇帝ダリアが開花しています。見に来てください。12月の霜が降りる頃まで次々を開花します。今年は台風の影響でかなり痛めつけられましたが、無事回復しました。全体の茎の数は30本以上と豪華で花の数は500-600個位開花しそうです。これだけの規模は都内でも有数でしょう。

 舎人公園野草園に皇帝ダリアが初めて導入されたのは2007年で、2008年-2010年に寒さで葉が枯死した茎を一節残して鋸で切断し、これらの茎を赤玉土に伏せて越冬させ、春発芽した茎を野草園に移植しました。太くて長い茎では1茎当たり20個位増やせます。多年草で翌初夏には株本から数本芽がでてきます。冬の間は株本に腐葉土などを施し防寒したほうがいいです。皇帝ダリアの苗づくりの記事は、2009年12月4日及び2010年6月6日投稿の皇帝ダリアの本記事に詳しく報告されているので参照下さい。余談ですが、この苗づくりの総アクセスは30、000にのぼり沢山の方に参考にして頂だいております

cr.jpg

今年11月18日現在の開花の様子:全体の一部です。草丈は2-4mです。八重の品種もあります(舎人公園野草園には現在八重咲はありません)。クリックして拡大して見て下さい。

br.jpg

最近登場した背丈の低い皇帝ダリアのハイブリット:花は下の品種の半分程度のサイズです。写真は拡大してあります。毎年咲きます。

ar.jpg

同じく世界初の品種で花の大きさは普通の皇帝ダリア程度です。背丈は低いのですが花は大形です。ハイブリット苗は舎人公園ボランティアの栗本さんに提供して頂きました。

 



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。