So-net無料ブログ作成
検索選択
舎人公園のくも ブログトップ

舎人公園のナガコガネグモ [舎人公園のくも]

舎人公園野草園には色々な昆虫やクモが生息しています。周辺の草刈の都度、小鳥の餌食になる前に野草園に逃げ込んできます。ここは、一年中野草が生い茂っているので虫たちのオアシスとなっています。

今年もナガコガネグモがあちこちで見られました。その獰猛さには驚かされます。本体より数倍大きいセミやコガネムシを丸ごと食べてしまいます。以下写真で紹介させていただきます。なお、この写真は9月に写したものです。

aナガコガネ.jpg

 ナガコガネグモ(♀):刺激を受けると網を強く揺さぶります。網の中の白いジグザグは隠れ帯です。何故隠れ帯を作るのか?鳥などの敵から守る、昆虫の誘因効果、網の張力調整など諸説がありますが、完全には解明されていないようです。

aナガコガネグモ腹部.jpg

ナガコガネグモ(♀):腹部です。

c1ナガコガネバッタ.jpg

ナガコガネグモ(♀):ショウリョウバッタの捕食。

cナガコガネグモ、セミ捕食.jpg

ナガコガネグモ(♀):アブラゼミの捕食。

eナガコガネ2r.jpg

ナガコガネグモ(♀):コガネムシの捕食。金属容器の上の白い幕の下にコガネムシの前足と頭部が見えます。食べる順序は尻尾(腹部)から食べ始め、最後に頭部を食べました。二日程で全部食べつくしました。

fコガネグモ♀.jpg

コガネグモ(♀):ナガコガネグモに似ていますが、丸みがあり模様も違います。

gコガネグモ腹部.jpg

 コガネグモ(♀):腹部です。

ジョロウグモ♀.jpg

ジョロウグモ(♀):舎人公園には少ないです。

ジョロウグモ腹部.jpg

ジョロウグモ(♀):腹部。


舎人公園のくも ブログトップ
メッセージを送る