So-net無料ブログ作成
2018年04月| 2018年05月 |- ブログトップ

カワセミの餌の捕獲 [バードウォッチング]

カワセミが小魚の餌を捕獲する瞬間が撮影されました。餌の物色から飲み込みまで連続して写真に収めた貴重な写真です。カメラマンは野鳥写真とその木彩画でお馴染みの吉元さんです。

カワセミ1.jpeg

池の獲物の様子を観察中。

カワセミ2.jpeg

ホバリングしながら餌を探しています。

カワセミ3.jpeg

ホバリングしながら餌のタ-ゲットを決めたようです。

カワセミ4.jpeg

高速直滑降で狙いを定めた獲物めがけて飛び込む瞬間です。

カワセミ5.jpeg

上手く餌の魚捕獲成功。雑魚「クチボソ」のようです。

カワセミ6.jpeg

魚の餌を飲み込む瞬間です。頭の方から飲み込んでいるようです。貴重な写真ですね。





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

コンニャクの花が舎人公園で開花 [舎人公園の野草]

舎人公園野草園にコンニャクの花が咲きました。一株は終わり、二株目が満開です。興味のある方は、開花期間が短いので早めに観察してください。写真をクリックして拡大されると細かく見られます。

コンニャクはサトイモ科コンニャク属の多年草。種芋から生まれた生子、これを翌年終え替えて一年玉、繰り返し二年玉、三年玉と生長し三年玉が食用にされます。4-5年に一度開花するので栽培農家は花を見ることは殆ど無いそうです。コンニャクの開花に関する詳しい記事は本ブログ、2012年5月2日、2012年5月11日、2010年7月24日の投稿をご参照下さい。

コンニャクr3.jpg

開花前のコンニャク:脇芽が出ています。子株(生子)かも。


コンニャクr.jpg

開した花。サトイモ科特有の花で、マムシグサやウラシマソウはサトイモ科テンナンショウ属ですが、コンニャクと同様に仏炎苞の内部に、肉穂花序を形成します。

コンニャクr2.jpg

花の上から撮った写真:花の基部から臭みのある匂いがしました。ハエや甲虫類が集まってきます。雄蕊の一部が見えています(下の写真もご参照下さい)。

コンニャク4r.jpg

コンニャク芋、葉、茎葉、花等です。この写真は2012年5月2日本ブログに投稿したものです。

コンニャク5r.jpg

コンニャクの花の構造:雌蕊は雄蕊の下にあります。次の写真を見て下さい。

コンニャク6r.jpg

コンニャクの雄蕊と雌蕊:雌蕊は先行して開花し他株の花粉で受精した後、雄花が咲き、この花粉で他の個体に受粉させるとか?時に赤い実が沢山着生します。最後の二枚の写真は2012年5月11日に投稿したものです。

 



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

2018年04月|2018年05月 |- ブログトップ
メッセージを送る