So-net無料ブログ作成

舎人公園野草園で観察された主な野草 [植物観察]

暫らくぶりの投稿です。

2月に観察された主な野草等を紹介させて頂きました。一部路上の野草も含みます。本野草園には年間600種以上が生育しています。これらの野草等の紹介は、ホームペ-ジ ”舎人公園野草園” で検索して頂くと、科別、種別(五十音別)に調べることが出来ます。内容は豊富です。

1a.jpg

ユキワリソウ(雪割草):キンポウゲ科ミスミソウ属、2-4月開花。

2a.jpg

ヒメリュウキンカ(姫立金花):キンポウゲ科キンポウゲ属、3-4月開花。群生すると目立つ花です。

3a.jpg

セツブンソウ(節分草):キンポウゲ科セツブンソウ属、2-3月開花。

4a.jpg

フクジュソウ(福寿草):キンポウゲ科フクジュソウ属、2-4月開花。

5a.jpg

オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢):オオバコ科クワガタソウ属、1-5月開花。

6a.jpg

ホトケノザ(仏の座):シソ科オドリコソウ属、3-5月開花。

7a.jpg

ヒメオドリコソウ(姫踊子草):シソ科オドリコソウ属、3-6月開花。

8a.jpg

オドリコソウ(踊子草):シソ科オドリコソウ属、4-6月開花。普通目にすることはありません。ヒメオドリコソウより開花が遅く、花は大きく綺麗です。

9a.jpg

コバンソウ(小判草):イネ科コバンソウ属、5-6月開花。なぜか2月-3月に一部開花しているようです。果実は小判を連想します。

10a.jpg

ミチタネツケバナ(道種漬花):アブラナ科タネツケバナ属、在来のタネツケバナは湿地を好み、本種は道端で蔓延っている外来種です。果実が直立しているのでタネツケバナと区別できます。

11a.jpg

オランダミミナグサ(和蘭耳菜草):ナデシコ科ミミナグサ属。3-5月開花。道端に生えていました。

12a.jpg

ノボロギク(野襤褸菊):キク科キオン属、5-8月開花も東京では年中咲いています。

13a.jpg

スノ-ドロップ:ヒガンバナ科ガランサス属、2-3月開花。雪の上に咲いた花は風情があります。

14a.jpg

カタクリ(片栗):ユリ科カタクリ属、自家不和合性、2-3月開花。通常葉が二枚出ないと開花しません。片栗粉。

15a.jpg

バイモ(貝母):編笠百合、ユリ科バイモ属、貝母は生薬。3-4月開花。

16a.jpg

フキ(蕗):キク科フキ属、写真は蕗の薹、3-4月開花。食用に。

17a.jpg

レンゲソウ(紫雲英、ゲンゲ):マメ科ゲンゲ属、4-5月開花。昔は水田の緑肥として利用していた。 根に根粒菌が着生し、空中の窒素を固定するので土壌の窒素の略奪が少い。18a.jpg

クロッカス:アヤメ科サフラン属、2-3月開花。園芸種が多い。野生種もある。

19a.jpg

クリスマスローズ:キンポウゲ科クリスマスローズ属、2-3月開花。

20a.jpg

ロウバイ(蝋梅):ロウバイ科ロウバイ属、1-3月開花。野草ではなく花木です。栽培品種にソシンロウバイ。



 



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る