So-net無料ブログ作成

早春の花(続):小石川植物園 [植物観察]

早春の花(続):小石川植物園

冊子“足立区の野草”(A4版30頁、野草302種解説付き写

真紹介)が好評です。御入用希望の方は御一報下さい。実費

で御送付させていただきます。 

前回は日比谷公園の春一番の花を、今回は小石川植物園の珍し

い早春の花紹介させていただきました。開花していた珍しい

野草は、コゴメイヌノフグリ、ヒメウズ、ヤマアイ、ユキワリイチゲ、

セントウソウ(前回紹介)でした。

写真で確かめて下さい。

小石川103101.jpg

読売文化センター講座:植物観察会・小石川植物園にて

小石川1g.jpg

コゴメイヌノフグリ(ゴマノハグサ科一年草):小米犬の陰嚢。小石川植物園

特有種。当公園に群落。最近当公園以外でも観察されるとか。右写真のオオ

イヌノフグリはお馴染みの野草です。タチツボスミレ(スミレ科多年草):ごく

普通のスミレ。花ののち茎が伸びる(立つ)。

クサイチゴ(バラ科多年草):どくでも見られる木苺。背丈が低く草の名が着く

が木本。食べられる。

小石川2g.jpg

チャボタイゲキ(トウダイグサ科一年草)矮鶏大戟。小石川植物園に群落。

帰化植物。なんとなくトウダイグサに似ている。
ヒメウズ(キンポウゲ科多年草)姫烏頭。一属(ヒメウズ属)一種と珍しい。

周囲に写っているのはオオアマナ(ユリ科)。

ヤマアイ(トウダイグサ科多年草):山藍。昔は染料として使われたようですが、

タデ科のアイのような色素を含まないため、葉緑素の緑色に染まる。

ユキワリイチゲ(キンポウゲ科多年草):雪割一花.。イチリンソウの仲間。雨で

開花していないが、開花すると花弁が多く綺麗。 

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 2

aya

ツムラさん、昨日はお世話になり、お土産までいただき、ありがとうございました。
良く時間を確認せずに出かけてしまい、何のお手伝いにもならなかったですね。
でも、みなさんにお目にかかれて良かったと思います。
お別れしてからバードサンクチュアリの付近を散策して帰りました。
オオタカ狙いのカメラマンが1人もいなくて不思議でしたが、こちらのオオタカの記事を拝見し、納得です。
舎人ボランティアには時々しか参加できないと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。
昨日から何回かコメントを送信しようとしているのですが、画像認証でエラーになっています。今度はどうでしょうか。

by aya (2010-03-14 18:34) 

ツムラ

コメントありがとうございました。
現在、ブログの切り替えでごたごたしています。しかし、コメントは着くとおもいます。ブログを見せていただきました。美味しそうな赤飯、ご馳走驚きました。写真も見事ですね。植物も。そのうちコメントさせていただlきます。

by ツムラ (2010-03-14 18:57) 

トラックバック 0

メッセージを送る